グリーン・サウジ

サウジアラビア国内での100億本の植林

サウジ・グリーン・イニシアティブ(SGI)とは

サウジ・グリーン・イニシアティブの要は、今後数十年間にわたり砂漠の緑化を進め4,000万ヘクタールの土地を再生することです。緑化(植林)によって、大気汚染の緩和、砂嵐の縮小、砂漠化の抑制、隣接地域の温度低下を実現します。

進捗と達成状況

1,000万本

Let‘s Make it Green キャンペーンを通し、サウジアラビア国内で1,000万本が植林されました。

150億米ドル

150億米ドルを費やした世界最大のオアシスを再生するプロジェクト「アルラ・マスタープラン」 では、最大1,000平方メートルの緑地とオープンスペースを作る計画が進行中です。

400万本

サウジアラビアの海岸線のマングローブ林を再生するために、これまで400万本以上のマングローブの木がサウジアラムコによって植林されてきました。2020年には、200万本が植林されました。

541 km2

リヤドの変革プロジェクト「グリーン・リヤド」により、リヤドは541平方キロメートルの緑地、750万本の樹木、街全体に伸びる1,100平方キロメートルのグリーンベルトを有する都市として生まれ変わります。

100億本の植林までの道のり

パートナー

サウジ・グリーン・イニシアティブは、様々な機関と緊密に連携することでサウジアラビア国内に100億本を植林するという取り組みを推進しています。

Special Forces for Environmental Security
Public Investment Fund of Saudi Arabia
Royal Commission for Riyadh
National Center for Wildlife
Ministry of Environment Water and Agriculture
Royal Commission for AlUla
Saudi Aramco

最新情報の受信希望者はこちらよりご登録をお願いします。